債務保証

債務保証とは、金融機関が取引先のために各種の支払承諾を行うこと。

金融機関は、債務保証を行うことにより、取引先に対して直接に融資する代わりに、金融機関信用を利用することで他の金融機関などから取引先への融資を実行させ、債務者へ資金融通をしたのと同様の経済的効果を与えることができる。

この場合、金融機関は対価として保証料を徴求することが多い。なお、このように債務保証の効果は通常の貸付とほぼ変わりがないため、金融機関はリスク面でも貸付同様のリスクを負うことになる。