債券賃借取引とは

債券賃借取引とは債権のカラ売りを行った場合に、受渡日よりも前に当該債券の買戻しを行わないときにその債券を手当てすることを目的に行われる債券の貸借をいう。

借り入れた債券は受渡に用いられ、返済期限が着たら借り手は貸し手に同種、同量の債券を返却する。

債券のカラ売りと賃借取引は、現物・先物裁定取引や機敏な現物債売買などに貢献している。