債券格付け

スタンダード&プアーズ(S&P)やムーディーズ・インベスターズ・サービスのような独立機関は、債券の発行体がローンや利子の支払いに対して債務不履行に陥る危険性を評価する。

格付けシステムは機関により異なるが、最高のAAA(またはAaa)から最低のDまで、通常は少なくとも10の等級に分かれている。BBB(またはBaa)以上の等級を持つ債券は、投資適格格付け債券と見なされる。