債券店頭オプション取引

債券店頭オプション取引(bond opion trading at over-the-counter)とは、国債や社債などを原資産として、将来時点でそれを売買できる権利(オプション)を現時点で売買するデリバティブ取引のこと。

日本では1989年4月に解禁され、法律上は選択権付債券売買取引とよばれる。債券店頭取引の場合、上場している債券オプションとは異なり、機関投資家などの取引当事者が相対で条件を決めるという特色があり、専門的で特殊なオプションなどもやり取りされる。

取引内容は複雑でリスクも高く、売り手には、取引内容の説明や一部を除き証拠金の差入が求められる。