債券ファンド

債券ファンドとは、債券を主要な投資先とするミューチュアル・ファンドのこと。投資家にファンドが持つ株式を販売し、調達した資金を債券ポートフォリオに投資することで、定期的な収益を見込んだ投資目標の達成を目指す。

債券ファンドの魅力は、通常債券ポートフォリオを購入するよりも少額の投資が可能で、確定利付証券の分散が簡単なことである。

単独の債券とは異なり、債券ファンドはポートフォリオが固定されていないことから、満期日はなく、金利も保証されていない。また元本の返済も保証していない。

さまざまな投資戦略や異なるリスクを有する、多種多様な債券ファンドの中からの選択が投資家には可能である。長期債券に投資するファンドもあれば、短期債券に投資するファンドもある。国債を購入するファンドもある一方で、社債地方債を購入するファンドもある。投資適格格付け債券を購入するファンド、高利回り債券に重点を置くファンドと、さまざまである。