債券スワップ

債券スワップとは、ある債券を購入し、同時に別の債券を売却すること。

例えば、税と相殺するために年度末に赤字となっている債券を売却して損失を計上し、一方でポートフォリオの、債券に割り当てる部分を同一に保つため、別の債券を購入できる。

格付けの低い債券を売却して、より格付けの高いものを購入したり、あるいは満期が近い債券を売却して、満期まで数年を残す債券を購入したりすることも可能である。