信託契約

信託契約とは、委託者が所有する財産の財産権を移転または処分し、受託者に一定の目的に従って財産の管理または処分をさせること。

信託の多くは契約を結んで行われ、信託の設定を目的に、委託者と受託者の間に締結される契約を信託契約という。

信託財産は受託者の個人財産とは区別される。受託者は善管注意義務を負い受託者信託義務違反があるときは損失補墳をしなければならない。

受益者は、受託者がした信託財産の連法処分を取り消すことができる。