信用農業協同組合連合会

信用農業協同組合連合会とは、1947年に施行された農業協同組合法にもとづき、JA(農業協同組合)ならびに信用事業以外の各種事業連合会などによって構成される法人である。信農連と略される。

奈良県を除く都道府県に1つずつ全国に46あったが、近年、農林中央金庫との経営統合が進み、数は減少しつつある。

JAのように信用事業以外の事業を兼営することは認められていない。主たる業務としては、会員を対象とした貯金の受入、会員・会員の組合員に対する資金の貸付のほか、手形割引や債務保証などが認められており、組合間の資金過不足の地域的調節などの役割を果たしているが、構造的な余資運用難が問題となっている。