信用組合

信用組合とは、被雇用者と地域の自治会、労働組合、チャーチ・グループ、その他の団体によって設立される金融共同組合のこと。
組合は、後援団体の組合員に、手ごろな金融サービスを提供する。

商業銀行が少なかったり法外な費用がかかったりするような農村部や、経済的に不利な地域で設立されることもある。

信用組合は営利を目的としていないため、手数料や融資に対する金利は商業銀行よりも低く、一方で普通預金口座や投資口座に対して支払われる金利は高い傾向にある。

大規模な信用組合では、大手銀行と同様の包括的な金融サービスを提供できる。ただし、より小規模な信用組合では、サービスと営業時間はより限られたものとなり、預金に保険が掛からないことがある。