信用秩序

信用秩序とは、金融取引が総じて確実に履行されることにより、金融システム全体が有効に機能している状態である。現代の経済活動は、さまざまな金融取引が確実に履行されることを前提として円滑に運営されている。

信用秩序が維持されるためには、各金融機関が健全な経営を行うことと、公的セーフテイネットの整備が重要である。金融取引の拡大を背景に支払決済金額が日々増加しており、インフラである決済システムの安定性も、信用秩序を維持していくうえで重要な要素となっている。