信用取引口座

信用取引口座は、現金勘定に比べて幅広い取引ができる証券口座のこと。

投資家は、現金勘定では、取引のたびに購入金額全額を支払う必要があるが、信用取引口座では、空売り、または定められた種類のデリバティブ商品を、信用取引で購入できる。
ただし、信用取引口座を開設するには、証券会社による信用取引への証拠金規定額を満たす必要がある。

信用買いや空売りを行う場合、信用取引口座を通して借り入れた現金や有価証券の額面価格に対して、投資家は利子を支払う。最終的に、その借入額は返済しなければならない。

信用買いも空売りレバレッジを使うため、自己資金のみで得られる利益と比べて、かなり高額の利益を生み出す可能性がある。しかし、投資で赤字を出した場合でも借入額に利子をつけて返済する必要がある。