信用割当

信用割当(credit raioning)とは、貸出市場の金利が資金の需給が一致する水準よりも低く決定されている場合に、その金利では資金需要者に信用が行きわたらないため、価格メカニズムとは異なる形で割当を行うことをいう。

日本では、高度成長期に人為的低金利政策のために貸出市場において信用割当が行われてきたという意見がある。