保険信託

保険信託とは、死亡保険を保全するために、保険金を遺産から分離すること。

自分に生命保険をかける場合に保険信託を設定すると、死亡時に、証券の額面価格が保険信託に対して支払われる。保険信託によって、支払い保険金は契約者の遺産から除外され、保険信託の受取人は保険金を利用してしかるべき相続税を支払うか、その他の用途に充当することができる。