保護預りとは

保護預りとは証券会社などが顧客の有価証券等を顧客のために保管すること。

投資家は火災、盗難等による有価証券の滅失や紛失を避けるため、また売却するたびに有価証券を証券会社に持参する手間を省くために、証券会社に保管を依頼する。

保護預りは証券会社と顧客の間で日本証券業協会の定める保護預り約款により契約を締結することで行われる。

保護預り料(口座管理料)は口座当り年間3000円以下の範囲内で各証券会社が定める金額である。