価格変動リスク

価格変動リスクとは、広義には金利の変動により保有有価証券の価格が変動するリスクを指す。狭義には有価証券売買損や評価損が生じるリスクを指す。

このような有価証券の価格変動リスクを軽減する方法としては先物によるヘッジの活用がある。日本でも1985年に債券先物市場、1987年に株価指数先物市場が設立されてヘッジが行いやすくなった。