会社更生法

会社更生法とは、経済的に窮境にはあるが再建の見込みのある株式会社について、債権者、株主その他ステークホルダーの利害を調整しつつ、その事業の維持更生を目的とする法律。破産(破産法)、特別清算(商法)、民事再生(民事再生法、旧来の和議法にもとづく和議を改正)、会社整理(商法)と並ぶ倒産法制度の1つである。

「清算型」手続である破産や特別清算ではなく、民事再生、会社整理と並び、関係者の協力で事業を再生させる「再建型」手続に該当する。

手続に時間がかかるという問題があった。大企業の利用を促すべく手続の迅速化と合理化を目的として全面改正され、2003年4月より新法が施行されている。