会社型投資信託

会社型投資信託とは、運用会社などの設立企画人が証券投資を目的とする会社(証券投資法人)を設立し、投資家から出資を募って投資家に投資証券を発行する、その後運用によって得られた収益を配当という形で投資家に分配するという形式の投資信託。欧米では一般的な金融商品。

投資家から出資を募る証券投資法人は一種の器にすぎず、実際の資金の運用は運用会社や投資一任業者が、運用資産の保管業務は信託銀行などの資産保管会社が行う。


1998年12月施行の「投資信託及び投資法人に関する法律」(新投信法)により新たに設立が認められた。

投資主総会(株主総会に相当)を通じて投資家が直接運用に携わることができるという特徴がある。

投資信託には会社型のほかに契約型があるが、契約型は、資金委託者が受託者との間で信託契約を締結して信託財産を証券投資中心に運用し、受益権を分割して受益権証券として一般投資家に取得させる形式をとる。