企業間信用

企業間信用とは、企業間における財・サービスなどの取引で生じる債権・債務の決済を、企業間で一定期間猶予すること。

商業信用ともいい、具体的には商品等の売り手側企業が受取手形売掛金等の形で買い手側企業に与信を供与することを指す。

企業間で余裕資金を効率的に融通しあい、同時に取引の円滑化を図ることが目的である。その規模は企業間の力関係や金融の繁閑を反映して変化するため、金融情勢をうかがう重要な指標の1つとなっている。