企業合併

企業合併とは、2社以上の企業が普通株の交換を行い統合し、複数の企業から1社に変わること。

以前の企業の株主は、新しい企業の比例分配された株式を受け取る。企業合併は通常、非課税の取引となる。交換された株式に対して、キヤピタル・ゲイン税や、税損失を株主は負担する必要はない。

企業合併は、企業の資産を買い取る企業買収とは異なる。企業買収では、買収した企業は継続して機能し、買収された企業は存続しなくなる。買収された側の株主は、今までの持ち分と引き換えに新しい企業の株式を取得する。

企業合併と企業買収は常に関連づけられており、しばしば単純にM&Aといわれることもある。