企業会計基準委員会

企業会計基準委員会とは、企業会計基準と監査の基準等の設定に関する調査・審議については、日本では従来、金融庁所管の企業会計審議会が担当していた。

しかし、国際会計基準委員会(IASC)の組織改革、すなわち国際会計基準審議会(IASB)の設置にともなって、民間レベルの会計基準設定主体の設置が必要となった。

このため2001年に、経済団体連合会、生命保険協会、 日本損害保険協会、日本公認会計士協会、全国証券取引所協議会、日本証券業協会、全国銀行協会、日本商工会議所、日本証券アナリスト協会、企業財務制度研究会の10団体が財団法人財務会計機構を設立して、機構内に、企業会計基準案、実務指針などに関する審議を行う企業会計基準委員会を設立した。

企業会計基準委員会は、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準等の調査研究・開発、ディスクロージャー制度その他企業財務に関する諸制度の調査研究と、これらを踏まえた提言、国際的な会計基準の整備等への貢献を目的として、会計基準・適用指針などを公表している。

企業会計基準委員会の設置にともない、日本での具体的な会計基準は同委員会が第1次的に作成することとなった一方、企業会計審議会は、監査基準や公認会計士制度関連等の企業会計基準委員会の作成しないものについて検討することとなっている。