仲立会員とは

仲立会員とは、証券取引所内で正会員間の売買仲介を行う証券会社のこと。
仲立会員は大阪証券取引所での呼称で、東京証券取引所名古屋証券取引所では才取会員と呼ばれる。

会員は証券取引所の構成員の証券会社に限られ、その業務の内容から正会員才取会員、特別会員の3つに区分される。才取会員は一般顧客の委託注文を受けることができないのみならず、原則として自己売買もできない。

注文が殺到した際に、売買を中断して「板寄せ」をして売買の調整などを行うことが主な業務であったが、株式の注文をコンピュータで処理するようになったことで、1997年12月に大阪証券取引所、1999年4月には東京証券取引所で立会場が廃止され、仲立会員、才取会員の業務は大幅に縮小した。

才取会員正会員、特別会員