仲介機関とは

仲介機関とは、証券の発行市場において発行者と投資家の間にたち、発行者による資金調達をスムーズにする機関をいう。多数の投資家からの応募が必要な資金調達の場合には、手続きや取引のためのやり取りなどで手間がかかってしまい発行コストが高くなってしまい、さらには売れ残るリスクもある、そういったリスクを回避するために専門的なノウハウを持っている仲介機関を借りる。

仲介機関では、新規発行証券の一部もしくは全部を取得して売れ残りが生じた場合でも仲介機関が買い取ることで予定の資金調達額を調達できるようにすること(引受)や、証券を取得する投資家を募集することなどを行う。