仮説検定とは

仮説検定とは証明したい仮説を対立にとり(対立仮説)、この否定にあたる仮説(帰無仮説)をつくってこれを標本に基づいて棄却することで間接的に仮説の正しさを実証するという方法。

1個あるいは数個の標本によって確率法則をたよりにして仮設の採否を決めるものであるから、つねに誤っている可能性がある。仮説が真であるのにそれを棄却してしまう誤りを第1種の誤り、仮説が偽であるのにそれを棄却しない場合を第2種の誤りという。