仮払金

仮払金とは、金融機関の貸借対照表において所属すべき勘定科目が確定していない各種支払金および一時的な立替金を整理する科目。

帰属科目が判明しだい直ちに当該勘定に組み替えるべきだるが、相当期間放置されているものもある。

仮払金の具体例としては、貸出金管理保全費用、不渡手形一時立替金などがある。そのほかにも多岐にわたって使われる。