仕向行ネット受信限度

仕向行ネット受信限度(sender net debit cap)とは、資金付替えにともなって生ずる各行のネット負債ポジション(送金額から受取額を差し引いたもの)に対して上限を設定するときの限度のこと。

決済にともなうシステミックリスクを圧縮するためのものである。これを設けることで仕向銀行債務累積を抑制して、仕向銀行の決済不能が他行に波及するのを限定できる。

米国のFed Wireなどでは、この限度は各行の自己資本のうちの一定割合で設定されている。