二重銀行制度

二重銀行制度(dual banking system)とは、米国銀行制度の特色の1つで、連邦法にもとづく国法銀行と州法による州法銀行が併存する制度のこと。この影響で銀行への規制・監督も複雑となっており、国法銀行はOCC(通貨監督局)、FRB(連邦準備制度理事会)、FDIC(連邦預金保険公社)が規制・監督するが、州法銀行は原則として州の銀行局が権限をもち、FDICに加入していればFDICの、連邦準備制度に加盟していればFRBの監督もあわせて受ける。