予想配当とは

予想配当とは、今期や来期など確定していない段階で予想される配当のこと。


投資家が株式投資を行う際には、将来の配当金がいくらになるかを推測しておく必要がある。原則的には配当額は期間損益の大きさによって決定されるが、そうでない場合もある。


たとえば企業が成長段階にあって資金繰りに余裕がないときには、好業績にもかかわらず無配とする場合がある。また、業績不振で配当ができない場合、株価の下落を懸念して積立金を取り崩して配当を行うこともある。



記念配当など、祝賀行事として増配されることもある。