予備源泉徴収

予備源泉徴収とは、アメリカにおいて税金支払証明番号を提示していない受取人や、提示した番号が誤っていた受取人に対し、銀行、証券会社などの機関が、利子、配当などの所得の支払いを行う時点で、米国歳入庁に支払う税金のこと。