中間時価発行

中間時価発行とは、新株式の発行価格を時価と額面価格の中間で決める株主割当増資の方法。

額面発行は株主優遇の面で優れる一方、発行企業の資金コストが大きい。時価発行は増資プレミアムが全額発行会社に帰属し、少ない負担で資金調達ができる一方で、増資プレミアムの還元は遅れるため、一長一短がある。

中間時価発行はこのような両者の問題点を補うものとして登場した。