中期割引国債

中期割引国債(discount medium-term government bonds)とは、償還期限3~5年の割引国債のこと。

長期安定的な保有が期待できる個人消化の拡大をねらいに、1977年より発行を開始した。
発行は原則として年6回奇数月で、シ団引受方式で行われる。発行条件は10年利付国債の発行条件や同年限の利付金融債と比較して決定される。

償還差益は発行時に18%源泉分離課税される。