並行増資とは

並行増資とは、有償新株式と無償新株式が別個のものとして存在しており、両者が同時並行的に発行される増資のこと。

それに対して、抱合せ増資では1株中に有償部分と無償部分が組み合わされている。

並行増資では、株主は有償新株の引受をしなくても、無償新株の割当を受けることができる。並行増資を行うねらいは、実質的な増配手段である無償交付を行うことにより、それによって株主を増やして有償割当による資金調達を促進しようとする点にある。

並行増資の手続は、有償増資および無償交付のそれぞれの手続にのっとるが、有償新株および無償新株割当日を同一日にする必要がある。形態として、有償株主割当と無償交付とを並行させる場合と、時価発行公募と無償交付とを並行させる場合がある。