不景気でも投資で利益を得る方法

普通の投資法を見ていくと、不景気でマーケットが下落局面になっている場合、どうしても利益をあげることは難しいです。株式市場などは、軽駅が悪化すると全面安になることもしばしばです。
ところがCFDの場合には、たとえマーケットが下落局面に突入をしたとしても利益を上げるチャンスがあるのです。その理由として、CFDの場合売りから入ることができるところにあります。

また株式取引を例に出しますが、株式取引の場合、買いから取引に参加をするしか方法はありません。売るといっても売る商品がなければ売ることができないからです。
しかしCFDの場合には、店頭取引ではなく、相対取引が採用されています。ですから証拠金という担保の一種を口座に入れれば、証券会社から商品を借りることができるわけです。

ですから売りから入ることが可能となるわけです。景気が後退している局面では、おそらく売った商品はさらに価格を下落させていく可能性が高いでしょう。

そして売った時よりも価格が下落をしたところで、再び売った商品を買い戻すわけです。こうすることで、売却時と購入時の価格の差益をせしめることができます。景気に関係なく、利益を上げるチャンスがあるというのは、投資する側からすると魅力的でしょう。