ワイヤーハウス

ワイヤーハウスとは、大手証券会社のこと。

米国の大手証券会社はかつて、金融市場の重要なニュースをほぼ瞬時に伝送する私設電話などの通信網(ワイヤー)で支店とつながっていたため、このように呼ばれる。

このような通信線(つまり、ワイヤー)から、こういった証券会社はワイヤー・ハウスとして知られるようになった。

現在ではインターネットにより、すべての証券会社、そして個人投資家でさえもが、高速で電子データにアクセスできるようになったが、大手証券会社は、今でもワイヤー・ハウスと呼ばれている。