ロックアップ期間

ロックアップ期間とは、保有する投資物・債券を売却できない期間のことである。

未公開会社に対してプラベート・エクティ投資を行っていた投資家が、新規株式公開(IPO)時に、総資本に対するプラベート・エクの所有者としての利益に比例するIPO株式を受け取ったなど、ロックアップ期間が発生する。

企業の所有者や従業員が、株式を譲渡される場合にも、ロックアップ期間が設けられる。ロックアップ期間は最長で180日間続くことがあるが、この期間は段階的になる場合もある。

該当株式の所有者にとって、取得日からまず180日が過ぎた後、2年にわたって、取得した株式のうち売却できる部分が増えてゆく場合もある。

ロックアップ期間終了後は、保有する株式をすべて自由に売却できる。