リボルビングクレジット

リボルビングクレジット(revolving credit)とは、一定の与信限度枠(クレジットライン)を設定して、その範囲内であれば利用者はあらかじめ設定された最低支払額(ミニマムペイメント)を毎月支払うだけで割賦信用を受けられるローンのこと。借入金を返済すれば、再度、限度額まで借り入れが可能になる。回転信用枠とも呼ばれる。

借入残高は、常にゼロから与信限度額まで変動する。支払請求周期の中で与信枠を超えていなければ、手数料はかからないが、借入残高があり、全額を返済していない場合、次の請求時には手数料が加算される。

最低支払額の決め方により、以下の3タイプがある。

1.定率方式(残高の一定割合の額)
2.定額方式(残高に関係なく一定額)
3.残高スライド定額方式(残高に応じて額が決まる)