リファイナンス

リファイナンス(借り換え)とは、同一の資産を担保として新規のローンを組み、既存のローンを完済する手続きのこと。

住宅所有者は、金利が低下しているときに住宅ローンの支払いを減らしたり、金利上昇時に変動金利ローンから固定金利ローンに切り替えたり、住宅価格の上昇期に増加した純資産を利用するといった目的で、借り換えを行う。

借り換えにかかる権原移転費用は、一般に住宅ローンの権原移転費用と同等の金額になる。支払いを減らすために借り換えを行う場合、権原移転費用を回収し、ローン費用を削減できるまでにどれくらいの期間がかかるのか算出する。

数年のうちに引っ越す予定がある場合は、借り換えによる権原移転費用の支払いに見合う額を、実際に削減できないかもしれない。また、住宅資産の一部を利用するために借り換えを行う場合は、価格が下落しうるというリスク、住宅を売却して現金化できた費用よりも住宅ローンが膨らんでしまう可能性があるというリスクを、さらに負うこととなる。