リスク調整後パフォーマンス

リスク調整後パフォーマンスとは、投資による利益のリスクに着目して投資のパフォーマンス値を評価する方法のこと。

市場環境を含む、さまざまな期間の投資価格の変動率を調査する。上げ相場での価格に対し、直近の下げ相場ではどれくらい下がったか、または最近の市場調整で価格がどう動いたかを考慮する。

一般的に、価格変動率が大きいほどリスクが大きくなるが、過去の実績のみに目を向けても将来何が起こるのかを予言することは難しいため、投資家が取るリスクを評価する上で、このやり方はあてにならないこともあると考えるアナリストも多い。