ランダム・ウォーク理論

ランダム・ウォーク理論は、株価の変化予測を試みるのは無駄であるという理論のこと。

この理論は、株価とは情報が公開された時点で情報に反応し、情報はランダムに入ってくることから、価格自体もランダムに変化するというもの。

将来の株式動向はそれまでの実績の統計的パターンによって予測できるとするテクニカル分析とは逆の理論である。