ランダムウォーク理論とは

ランダムウォーク理論(random walk theory)とは、将来の株価変動は、過去の株価変動パターンとは独立しており、過去から将来の株価は予測できないとする仮説理論である。
ウィーク型の効率的市場仮説と同じ意味。

統計学上の用語であり、将来あるいは現在の事象が過去の事象から独立であることを意味する。チャート分析などのテクニカル分析の有効性を否定する仮説である。