ラップ口座とは

ラップロ座(wrap account,ラップアカウント)は、証券会社ファンドマネージャーを利用、もしくは斡旋する形で投資家・資産家の資産管理と運用を行い、売買手数料、投資アドバイス料、口座管理手数料などすべての手数料を一括で徴収する口座のこと。
「包み込む」(wrap)という意味でラップ口座と呼ばれている。

その成長の背景には,証券会社による以下のような経営戦略あった。

1.機関投資家から個人投資家への主要対象顧客の変化
2.顧客第一主義の徹底
3.株式市況に左右されない安定収益源の確保

また,個人投資家にとっても以下のようなメリットがある。

1.顧客と証券会社との利害の一致
(ラップ口座による証券会社の収入は運用成績に比例する。運用成績がよければ両者ともその恩恵を享受できる)
2.オーダーメードに近い商品が提供される
3.支払う手数料が相対的に割安