マージンコール

マージンコールとは、損失の拡大を防ぐために、各種信用取引、FX、CFDなどの口座の純資産価値が、所定の基準を下回った場合に、口座の所有者に対してブローカーが通知し、追加の証拠金(追証)を要求すること。

追証を請求された場合、請求額を満たすために、現金や有価証券を追加で差し入れして証拠金を口座残高を求められる水準まで引き戻すか、ポジションの一部を解消して必要な証拠金の額を減らさなければならない。

上記のいずれもしないうちに、総資産(口座残高と含み損益をあわせたもの)が必要証拠金額の所定の割合を下回るか、総資産が所定金額(マージンカットライン)を下回ると、強制決済となって、持っているポジションが自動で手じまわれる。強制的にロスカットの仕組みが働いて含み損が損失として確定することになる。