マネージド・アカウント

マネージド・アカウントとは、売買を決定する専門の投資マネージャーが選択、運用する株式や債券のポートフォリオのこと。

各マネージド・アカウントには投資目標があり、マネージャーはそれぞれ、同じ投資目標を達成するために、同じ基本ポートフォリオに投資する複数の個別勘定を管理する。

マネージド・アカウントではファントム・ゲインが発生しない。ファントム・ゲインが発生する可能性があるのは、勘定残高の実質増がなくても、ミューチュアル・ファンドが投資商品の売却から利益を得て、キャピタル・ゲインを貸方に記入する場合である。

一般にマネージド・アカウントヘの最低投資額は高く、10万ドルとされている。マネージド・アカウントを推薦した金融専門家への支払額も含めた年間手数料は、同程度の価値があるミューチュアル・ファンドのそれよりも高くなることがある。