フィッシャー効果

フィッシャー効果(Fisher effect)とは、現実の物価上昇から生じるインフレ期待にが名目利子率に織り込まれる効果のこと。I.フイッシャーにより提唱された。フイッシャー効果は名目利子率が実質利子率と期待インフレ率を加えた水準に等しくなるまで働くという考えを持つ。

これは、利子率は現在財の将来財へのプレミアム率であるため、インフレによって貨幣価値が低下する場合、均衡においては、名目利子率は実質利子率と貸付期間中の期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方から導出されている。