ファントム・ゲイン

ファントム・ゲインとは、実際の投資収益がマイナスなのに課税されるキャピタル・ゲインのこと。

ミューチュアル・ファンドが値上がりしたA株を売却した場合、ファンドの株主はファンドから分配された利益の割合に対して課税が行われる。

この規則は、A株の株価が上昇した後、ファンドの株式を購入したためにA株の株価値上がりの恩恵を受けていない場合にも適用される。

ファンドがA株を売却した後、分配を行っていない時点でファンドの株式を購入した場合にも、購入者は課税される。

ファントム・ゲインは市場が下落しているときにも発生することがある。市場が下落しているとき、ファンドから脱退する株主から株式を買い戻す資金を得るために、ミューチュアル・ファンドが投資証券を売却する。