ハッチの10%法とは

ハッチの10%法とは、週末ごとに保有株式の平均価格を計算して、さらに月末に週ごとに計算した平均価格の月間平均を求める。月平均が前月の最高値よりも10%以上下がったときに売り、10%よりあがった場合には買うというものである。

アメリカの投資家サイラス・ハッチによって、考案された投資手法である。