ノンリコースローン

ノンリコースローンとは、債務者の保有する特定の事業プロジェクトもしくは資産(責任財産)から発生するキヤッシュフローを返済原資として債務履行がなされ、債務不履行となった場合でも債務者の一般財産へ遡及(リコース)がされないローンのこと。

通常金融機関が融資を行う場合には、借入人(あるいは企業)の全事業分野での総合的な収益力もしくはキャッシュフローによる返済を前提とすることが多いため、融資を実行したプロジェクトが失敗して債務の履行ができなくなると、借入人の他の資産からの収益や他の物的担保の処分で回収される。

これに対して、ノンリコースローンは特定の資産や事業プロジェクトの収益力に限定して与信を行い融資を実行する。したがって、当該プロジェクトの資産を売却しても借入金全額を返済できない場合には、残った債務についての返済義務は生じない。ただし、金利は通常の融資に比べて高くなる。

借り手の返済義務が限定されていることから、今後普及していく可能性が強いと思われる。収益を生む資産(不動産など)を担保にノンリコースローンを受ける場合には、当該資産の保有だけを目的とする特別目的会社(SPC)を設立し、この会社へ貸出を実行するという形がとられることが多い。