ネット決済システム

ネット決済システム(net payment system)とは、決済システムの参加銀行間で、相互の債権・債務を差し引き計算して、ネット金額(差額)のみを決済するシステムである。銀行のネットポジションは、その銀行が受けた支払指図の合計金額から、その銀行が発出した支払指図の合計金額を差し引いて算出される。

ネット金額の算出を2銀行間で行う場合はバイラテラルネッティング、決済システムに参加する他行全体との間で実施される場合はマルチラテラルネッティングという。決済時点でのネットポジションはネット決済尻とよばれる。