ネガティブ・アモチゼーション

ネガティブ・アモチゼーションとは、毎月の支払いが貸付利子をまかなえず、借入元本が逆に増えること。負の返済とも呼ばれ。

ネガティブ・アモチゼーションが発生するのは、支払い金利の最大上げ幅を定めている変動金利モーゲージ(ARM)を組んでいる場合に、金利が支払上限金額を上回る場合である。

ネガティブ・アモチゼーションは、支払い金利の調整がない住宅ローンや、ローンの金利をカバーしない頭金の設定が小額な住宅ローンについても発生する。

頭金が少ない契約は一見魅力的だが、ネガティブ・アモチゼーションになる可能性があり、リスクがある。膨らんだローンを支払うため、結果的には毎月の支払い額が増えぎるをえず、急激な増加になることもある。

金利が上昇すると、有利な金利での借り換えができなくなるかもしれない。また、不動産の価値が下がると、持ち家の価値よりも大きな住宅ローンを背負うことになる。