ネガティブプレッジ条項

ネガティブプレッジ条項(negative pledge clause)とは、無担保で借入や起債を行う際に債務者への財務制限条項として、債務者が将来第三者の利益のために行う担保提供を制限する条項のこと。担保化否定条項もしくは担保提供制限条項ともいう。

本条項には担保権設定をいっさい禁止するものと、担保権設定が行われた場合、債権者にも同一担保物件に対して同順位の担保権が設定されるものがある。担保提供禁止となる債務は、他のすべての債務ではなく、たとえば無担保転換社債の場合、他の転換社債だけを対象とするなど、範囲を限定することがある。

本条項のおもな機能としては、無担保で借入や起債を行うことは限度があるので、放漫経営による加重債務を抑制する効果を期待できること、債務者の資産を他の有担保債権者の手に委ね、無担保債権者を将来実質的な劣後債権者に陥れることを防ぐこと、がある。