ネイキッド・オプション

キッド・オプションとは、原資産(現物、株式など)を所有していないが、コール・オプション(一定の価格で買う権利)を売ること。

原資産を買うだけの、十分な資金が手元や流動資産にないが、プット・オプション(ある商品を一定の価格で売る権利)を取引する場合もネキッドという。

オプションを売る際にプレミアム(報酬)を受け取るため、原資産が売り手の予測どおりの動きをし、オプションが行使されなければ、利益が上がる。しかし、オプション所有者にはオプションを行使するというリスクがある。

このリスクが発生した場合、コール・オプションであれば、売却の義務を果たすために市場価格で原資産を買わなければならない。
プット・オプションであれば、原資産を買う資金を用意しなければならない。

証券会社は、ネキッド・オプションを売る権利を制限したり、信用取引口座で売ることを要求したりする場合がある。